ニュース

高額医療費制度廃止?!潰瘍性大腸炎など”難病”の医療費助成制度の仕組みは?

高額医療費制度廃止

SNSで「#高額医療費制度廃止案に反対します」というハッシュタグがトレンド入りし、話題を呼んでいるそうです。
高額医療費制度とは、どんな制度か知っていますか?

人はいつ病気になるか分りません。
簡単な治療で済めば良いですが、手術などの大きな治療を受けなければならないとなると
医療費が心配になってきますよね。
そういった不安を和らげてくれる制度が、高額医療費制度です。

この記事では、世間を騒がせている高額医療費制度廃止のニュースと、潰瘍性大腸炎やクローン病などの難病の方が受けられる医療費助成制度の仕組みの2点について深掘りしていきます。

高額医療費制度廃止のニュースが話題に

まず、なぜ高額医療費制度廃止のニュースが話題となっているのでしょうか。
ことの発端は7月26日に財務省が発表した国民健康保険の高額医療費負担金に関する調査結果でした。
これは、政府が行っている事業に使われている税金などの無駄がないかを調べる調査です。
その結果、高額医療費制度を廃止する方向との発表がありました。

高額医療費制度とはどんな制度?

高額医療費制度とは、高額な医療費がかかってしまう場合、国から医療費の補助を受けられる制度です。
高額医療費制度について、国民健康保健法で下記のように位置付けられています。

”国民健康保険法70条第3項
国は、第一項に定めるもののほか、政令で定めるところにより、都道府県に対し、被保険者に係るすべての医療に関する給付に要する費用の額に対する高額な医療に関する給付に要する費用の割合等を勘案して、国民健康保険の財政に与える影響が著しい医療に関する給付として政令で定めるところにより算定する額以上の医療に関する給付に要する費用の合計額(第七十二条の二第二項において「高額医療費負担対象額」という。)の四分の一に相当する額を負担する。
(引用:国民健康保険法)”

一般的に国民健康保険は、75歳未満の自営業や無職の人、もしくは社会保険適用外の勤務条件で働いているパートタイマーなどが加入しています。
具体的には1件あたりで80万円を越す高額な医療費がかかる場合、自己負担限度額を差し引いた額が返ってくる制度です。

もし100万円の医療費がかかった場合、自己負担の限度額が80万円とすると、20万円の補助が受けられるということになります。

高額医療費制度廃止のニュースを深掘り

今回のニュースは高額医療費制度について財務省は調査の結果から、「国保運営の予見可能性を高めるためにも、廃止に向けた道筋を工程化すべき」とし、「費用負担を国から都道府県に移管すべきだ」と発表しました。
つまり、完全に廃止ということではなく費用負担が国から都道府県にうつす方向ということです。

財務省は、「財政規模の小さい市町村ではなく、都道府県であればこの負担に耐えられる。負担を移管することによる市町村への影響は限定的である。」と主張しています。

日本は少子高齢化が深刻な問題となっています。
東京都などお金のある都道府県は負担できるかもしれませんが、地方は高齢者の割合も多く負担金に使えるお金も少ないことが想像できます。
本当に都道府県の負担は限定的といえるのでしょうか。
費用負担の資金を確保するために、ほかの行政サービスの資金削減、保険料や自己負担限度額の引き上げにもつながるのではないかとの声も聞かれており、話題となっています。

高額医療費制度廃止のニュースに関する世間の声

インターネット上では高額医療費制度のニュースを受けて、さまざまな議論がされています。
衆参議員の米山隆一氏は、自身のツイッターで以下のようにツイートしています。

このツイートのリプライには、下記のような意見が寄せられていました。

高額医療費制度のおかげで白血病だがなんとか生きています。無くさないでほしいと思います。
財務省は国民を殺しに来ているようにしか思えません。
高額医療費の負担増は、低収入の国民は先進医療を受けるなということでしょうか。財政が逼迫しているのはわかるけれど、削減するところを間違えているように感じます。

また日本共産党の太田あやか氏も下記のように述べています。

実際、「#高額医療費制度の廃止に反対します」のハッシュタグが付けられたツイートには、実際にこの制度のおかげで治療を受けた人からの声も多くありました。

財政が厳しいことは想像に難くないですが、本当に高額医療制度を廃止するしかないのでしょうか。
また都道府県に費用負担を移しても、増え続ける高齢者の医療費を支えることができるでしょうか。
不安や疑問の声が多く上がっています。

ちなみに潰瘍性大腸炎でも入れる生命保険についての記事はこちらを参考にしてみてください。

潰瘍性大腸炎でも加入できる保険
潰瘍性大腸炎に加入できる保険商品のまとめ将来の怪我や病気などのリスクに備えて加入するのが保険ですが、近年持病があっても加入できる生命保険が増えています。 一般的に生命保険...

【全国対応】無料保険相談『みんなの生命保険アドバイザー』

FP(ファイナンシャルプランナー)が3000名以上在籍しており、複数の保険メーカーから自分にあった保険を相談できます。
オンライン相談も可能で、相談は何度でも無料!生命保険無料相談はこちら



難病の人が受けられる医療費助成制度について

高額医療費制度廃止

高額医療費制度のニュースについて解説してきましたが、他にも医療費を補助してくれる制度がいくつかあります。
ここからは、特に潰瘍性大腸炎やクローン病などの指定難病の人が受けられる「難病医療費助成制度」について解説していきます。

難病医療費助成制度とは?

難病の医療費助成制度は、厚生労働省によって下記のように位置付けられています。

”「難病の患者に対する医療等に関する法律」(平成26年法律第50号)に基づき指定される指定難病について、治療方法の確立等に資するため、難病患者データの収集を効率的に行い治療研究を推進することに加え、効果的な治療方法が確立されるまでの間、長期の療養による医療費の経済的な負担が大きい患者を支援する制度です。
(引用:厚生労働省HP)”

具体的には「難病法」で定められた指定難病にかかっていて、日常生活や社会生活に支障がでる程度の症状がある場合、医療費の補助を受けることができます。

症状の程度は疾患ごとに細かく決められていて、難病指定医の診断が必要です。
難病指定医とは都道府県から指定された医師のことで、難病で医療費助成制度を受けるには難病指定医が記入した診断書が必須となります。

また、症状が軽くても医療費が高額な場合であれば、補助を受けることができます。

世帯収入によって自己負担額が決められているので、1ヶ月にかかった医療費から自己負担額を引いた額が補助として受けられます。

難病で医療費助成制度を受ける方法

難病医療費助成制度を受けるには、必要な書類を各市区町村窓口に提出する必要があります。
必要書類は、下記のとおりです。

①住民票(世帯すべてのもの)
②指定認定申請書
③臨床調査個人票(診断書)
④市町村民税課税証明書
⑤保険証

この他にも書類が必要になる場合がありますが、基本的にはこれらの書類を揃えれば問題ありません。

医療費助成制度を申請する流れ

(引用:ファイザーhttps://www.uctomorrow.jp/follow/subsidies.html)

 

①②難病指定医を受診し臨床調査個人票を記入してもらいます。
「指定認定申請書」「市町村民税課税証明書」などの書類を揃えて市区町村の窓口へ申請します。
③-2市区町村から都道府県に書類が送られ、審査が行われます。
④審査に通れば、指定難病医療受給者証が発行されます。
⑤指定難病医を受診の際に受給者証を見せると、助成が受けられます。

指定認定申請書は、県のホームページまたは保健所でもらえます。
また市町村民税課税証明書は、各市町村の窓口で発行が可能です。
これらは市区町村にもよりますが、マイナンバーカードをもっていれば省略できる場合があります。
保険証はコピーを取られるので、あらかじめコピーを持っていくと手続きがスムーズです。

難病医療費助成制度と併用できる制度はある?

先述の高額医療費助成制度は併用できませんが、類似した名前の高額療養費制度は併用ができます。

高額療養費制度は1ヶ月あたりの医療費が上限額を超えた場合に超えた金額を支給する制度です。

難病ではない患者でも受けられます。
健康保険に加入していれば3割負担だったり高齢であれば1割負担だったりと、病院の窓口や薬局で払う金額は、実際にかかった医療費よりは少ないですよね。
実は年齢と所得によって医療費の上限額というのが決められています。

もともと3割や1割負担なのにも関わらず、入院等で上限額よりも高い金額を窓口で支払うことになった場合、後から上限額を超えた分のお金が返ってくるという制度です。

こちらの制度は、難病の医療費助成制度と併用が可能です。

1ヶ月あたりの医療費が高額の際に、高額療養費制度と指定難病による医療費助成を併用するときは、まず高額療養費制度の上限額を超えた分が支給されます。
その後高額療養費制度を適用した後の自己負担額について、さらに指定難病による医療費助成が適用されることになります。

難病で入退院を繰り返したり、体調によって医療費が増えてしまったりしたときにありがたい制度ですね。

高額医療費制度廃止と難病の医療費助成制度のまとめ

高額医療費制度廃止
高額医療費制度が廃止になるというニュースが世間を騒がせていましたが、完全に廃止となるわけではなく、今後は都道府県に移して制度を継続させていくようです。

しかし今後は、高齢者が増えていくなかで財政が厳しい地方の都道府県で制度を継続させていくことが可能なのでしょうか。
「高齢者を見捨てるのと同じ」という厳しい声も上がっています。
今後の動きにも注目が集まりそうですね。

高額医療費制度の見直しに対して、難病の人が受けられる難病医療費助成制度を解説しましたが、これは自己負担額を超えた分の医療費の助成が受けられる制度です。
高額医療費制度との併用はできませんが、高額療養費制度との併用が可能です。

財政の逼迫から今後さまざまな制度が見直しになっていくことが予想されますが、国民のためを想った見直しであってほしいですね。

【全国対応】無料保険相談『みんなの生命保険アドバイザー』

複数の保険メーカーの中から自分にあった最適な保険を3000名以上FP(ファイナンシャルプランナー)が診断します。
生命保険無料相談(オンライン相談も可)はこちら